事故車の査定額と車両保険の必要性

事故車の査定額は、事故を起こしていないクルマと比べて大幅にダウンしてしまいます。その理由は、事故車は修復してから販売しなければならず、当然その分のコストが差し引かれることになります。また、それだけではなく、事故車は商品価値が大きく下がってしまうために、きれいに修復しても、格安の価格を設定しないとなかなか売ることができないからです。しかし、買取が不可能かというと決してそうではなく、大幅ダウンとなったとしても査定額はつきます。仮に商品として売る価値がないような状態でも、部品取りや鉄のリサイクルとして再利用が可能だからです。

さて、事故車を少しでも高く処分しようと思ったら、万一に備えて車両保険に加入しておくことも大切です。クルマ対クルマの接触事故の場合、相手方からくる保険では不足する部分をカバーしてくれますし、自損事故であったとしても車両保険は修理代を一定の範囲内でカバーしてくれます。その保険金を買取価格一部として理解すれば、悪くない値段で売ることができたと解釈することも可能というわけです。車両保険に加入すると、保険料がかなりアップしてしまいますが、万一に備えて加入しておくことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする